ハゲ!薄毛!もうみんなの言葉に悩まされたくない…!そんなときはプロペシア!でもプロペシアって、本当に効果はあるの?副作用は怖くない?そんな悩みを一挙解決ししちゃいます!

そもそもAGAの原因とは?

AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛で、ここ数年で普及した言葉でもあります。
このAGAによる薄毛の原因は、男性ホルモンが深く関係し、前頭部や頭頂部から薄毛が進行していくのが特徴です。

髪は、成長期や退行期、休止期というヘアサイクルを経て、生え変わりを繰り返していますが、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの働きによって、正しいヘアサイクルを乱してしまい、薄毛の症状を起こしてしまいます。
DHTは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によって変換させられることで生成されるホルモンです。

また、これだけではなく、AGAは遺伝や飲酒、喫煙、ストレス、運動不足なども原因として考えられていて、進行性の薄毛ですから、早期に対策をとることが大切です。
飲酒や喫煙、ストレスなどは、薄毛の改善を難しくしたり、薄毛を進行させてしまいます。

飲酒によって体内に入ったアルコールを分解するためには、体の栄養素を使用するため、髪の毛で使用する栄養素が足りなくなってしまい、薄毛を進行させてしまいます。
また、喫煙によって体中の血行を悪くしてしまい、頭皮の血流も滞ってしまい、健康的な髪の毛を作ることが難しくなってしまいます。
そのほかにも、ストレスによって自律神経が乱れることで、ヘアスタイルが崩れてしまい薄毛が起こる場合もありますから、注意が必要です。

AGAは進行性の薄毛ですから、何の対策もとらないで放置していると徐々に薄毛が進んでしまいます。
早期の薄毛の場合なら、飲酒や喫煙などの生活習慣を改善し、市販の育毛剤を使用することで進行を遅らせることはできますが、通常は適切なAGA治療が必要となります。
AGA治療にはいくつかの方法がありますが、プロペシアやミノキシジルといった治療薬が、AGAによる薄毛には効果的だということが認められています。
ただ、すべての人に効果が現れるわけではありませんから、薄毛が気になると思った時には、一度専門のクリニックを受診することをおすすめします。

DHTを増やしてしまいがちな行動について

AGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因で起こる薄毛ですから、薄毛を解消させるには、このDHTを増やさないようにすることが大切です。

よく筋トレをすると禿げるという噂を聞きますが、この噂の発端は、筋トレをすることで筋肉を鍛え、本来生物的に持っている男性ホルモンの分泌を促進させることが原因と考えられ、筋トレをすると禿げるということが言われるようになったのかもしれません。
ただ、筋トレをすれば禿げるということではなく、遺伝によってAGA体質の人が筋トレを行うと、男性ホルモンの分泌が多くなってしまい、禿げやすくなるとはいえます。

DHTの元となる男性ホルモンの一種であるテストステロンは、筋肉や性的欲求などの男性らしさを維持するためには必要不可欠なホルモンです。
ただ、年齢とともにテストステロンの分泌量は減少してしまうため、足りない分を補うために強力な男性ホルモンを作ろうとしてしまい、5αリダクターゼという酵素が結びつくことで、DHTへと変化してしまいます。
こういった酵素や男性ホルモンの量などは個人差があり、体質が遺伝しているということが原因と考えられます。

5αリダクターゼの量などは、体質として遺伝していますが、たとえAGA体質が遺伝していたからといって、かならずしも将来禿げるというわけではなく、対策や治療を行うことで5αリダクターゼを抑制することができ、DHTの生成量を減らすことは可能です。
逆に言えば、AGA体質ではない場合でも、飲酒や喫煙、過度なストレスなどによって薄毛が発症してしまうことも考えられますから、生活習慣を見直してできるだけストレスをため込まないようにすることが大切です。