ハゲ!薄毛!もうみんなの言葉に悩まされたくない…!そんなときはプロペシア!でもプロペシアって、本当に効果はあるの?副作用は怖くない?そんな悩みを一挙解決ししちゃいます!

プロペシアの初期脱毛について

AGAのケアに効果が期待できるプロペシアですが、実は初期脱毛を起こすという特徴があります。
初期脱毛の期間中は、多い人で抜け毛の量が普段の2倍にもなり、不安を感じる人も多くいます。
しかしここで服用を止めてしまうと、プロペシアの効果が発揮されません。
また継続期間や抜け毛の量には個人差があり、食生活や睡眠などの生活習慣に気を配ることで、この初期脱毛をスムーズに切り抜けることができます。

食生活が乱れていたり睡眠不足が続いていたりすると、初期脱毛もひどくなるという特徴があります。
特に内服薬の場合は、塗るタイプの薄毛ケア製品よりも抜け毛が多くなります。
しかし誰でもある程度は起きる症状なので、心配はありません。
さらに服用前の生活習慣が悪い場合は、初期脱毛の期間も長引くため、前もって覚悟をしておく必要があります。
ただしこの症状は、一定期間にだけ起きる脱毛症状で、期間を過ぎれば毛髪が生えてきます。

初期脱毛は、これまでの毛髪サイクルがいったんリセットされた証拠です。
まずプロペシアの有効成分は毛母細胞に作用して、細胞を活性化します。
次に成長が止まっている古い毛を頭皮の外に押し出すため、いったん抜け毛が発生します。
しかし全ての古い毛を押し出した後は、新しい毛が成長してきます。

脱毛期間や脱毛量には個人差があり、特に食生活や睡眠などの生活習慣の影響が大きいです。
飲酒や喫煙も関係しています。
そのため規則的な生活をしており、お酒も飲まずタバコも吸わない人の場合は、早くて3週間ほどの期間で抜け毛が治まることがあります。

通常はプロペシア服用後、1か月から3か月前後で髪が伸び始めます。
一般的なパターンでは、服用期間を始めて1週間から2週間で初期脱毛が起こり、その後1か月程度で抜け毛がなくなります。
しかし半年近く初期脱毛に悩むケースもあり、万が一それ以上経っても抜け毛が治らない場合は、念のため医師に相談することが推奨されます。

プロペシアの初期脱毛期間におけるケアの方法

プロペシアを服用していれば誰にでも初期脱毛は起きますが、適切なケアをすることで、短期間で終わらせることが可能です。
初期脱毛期間中のケアとしては、生活習慣を見直し、飲酒や喫煙を控えるようにします。
睡眠不足や、夜更かしをする生活習慣は改めるべきです。
適度な睡眠を取らないと頭皮の血行不良が生じ、せっかくのプロペシアの効き目が無駄になってしまいます。

また栄養不足も、頭皮の環境を悪化させるという特徴があります。
初期脱毛の症状のケアとして、偏った食生活を改善し、ビタミンやミネラル豊富な食事を摂ることが大切です。
まず髪の毛は、ケラチンというタンパク質からできており、18種類アミノ酸で構成されています。
そのため、毎日アミノ酸バランスの優れたタンパク質を食べることが重要です。

また摂取した栄養素は血液を通って頭皮に運ばれるため、血液をきれいにする青魚などもおすすめです。
また大豆は、脂肪の摂り過ぎの心配がない良質のタンパク源です。
そして大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするため、過剰な男性ホルモンの分泌による毛髪の抜け毛を防ぎます。
アジやサバなども高タンパク質の食材なので、日々の食生活に取り入れると抜け毛を抑える効果が期待できます。

さらにビタミンB群は、アミノ酸の代謝に不可欠なので積極的に摂取したい成分です。
豚や牛のレバーに豊富に含まれているビタミンB2は、皮膚の健康維持にはなくてはならない栄養素です。
特に亜鉛は、育毛を促進する特徴があるミネラルで、牡蠣やイワシに含まれています。

わかめや昆布などの海藻類は、直接、頭皮や毛髪には関係していませんが、豊富なミネラルがタンパク質の吸収を促進するという特徴があるため、毎日の食事に取り入れるべきです。
その他、辛いものや熱すぎるものは避けることが望ましいです。