ハゲ!薄毛!もうみんなの言葉に悩まされたくない…!そんなときはプロペシア!でもプロペシアって、本当に効果はあるの?副作用は怖くない?そんな悩みを一挙解決ししちゃいます!

プロペシアはずっと服用すると耐性が出来る?

男性の薄毛の悩みに対して効果があると期待されているプロペシアですが、長期的に服用することにより耐性が出来てしまうということはないのでしょうか。
薬に耐性が出来るということはプロペシアで無くても起こりうることです。
これは、同じ薬を長期的に服用することで、体が薬に慣れてしまい、効果があらわれにくくなってしまうという状態を指します。

プロペシアを長期的に服用した場合の耐性のあるなしについては、様々な意見があるようです。
まず、プロペシアの製造・販売を行っている業者は長期的な服用によって耐性ができるということは公式に発表はしていません。
さらに、耐性が出来るということを証明する事も出来てはいません。

しかしながら、開発元や販売元から耐性が出来るということの発表がないからもしくは耐性が出来るという証拠がないからと言って、必ずしも耐性が出来ないとは言い切れないのが現状です。
実際にプロペシアを服用している人の中には、長期的に服用し続けたことにより、効果が薄くなったように感じるという人もいるようです。

ただし、効果が薄くなったように感じたのが、薬に耐性が出来たことが原因であるのか、その他に生活習慣の乱れやストレス、頭皮環境の悪化など、薬を長期的に服用し続けたこと以外の原因があるのかもしれません。
その為、効果が見られなくなったことが耐性が出来たことによるものであるという、先入観で決めるけるというようなことは避けたほうが良いでしょう。
もし、気になるようであれば、診察・薬の処方を受けている医師に相談をするようにしましょう。

なお、プロペシアについて多くの情報を集めるという時には、インターネットが便利ですが、薬の効き目が弱くなったように感じるからと言って、医師に相談しないまま自己判断で服用量を増やしたり、服用する回数を多くした場合には、副作用が出るなどのリスクが大きくなる可能性がありますので、避けるようにしましょう。

プロペシアの耐性を感じた後の対策

プロペシアに対する耐性が出来たのではないかと感じられる場合には、まず、生活習慣を見直すことから始めるようにしましょう。
生活習慣を見直すということは、適度な運動や規則正しい生活、栄養バランスを考慮した食事を行うようにするということです。
ただし、無理に生活習慣を見直すと、ストレスとなる可能性もありますので、無理のない範囲で行うようにしましょう。

そして、医師に相談をするようにしましょう。
薬の効果について不安があるという場合や服用量に不安があるという場合など、些細な事でも気になることがあれば、医師に相談をすることにより、有効な対策をとることが出来ます。
生活習慣の見直しについても医師に相談することで、どのような対策をとれば良いの、的確なアドバイスを受けることが出来るでしょう。

効果が見られなくなったからと言って、行ってはいけない対策もあります。
それが、服用量を増やすということです。
用量を守っていれば、深刻な副作用は生じることは少ないですが、服用量が増加した場合には、体に負担をかけてしまうかもしれません。
服用量を増やしても、効果が高まるという事はありませんので、注意が必要でしょう。

また、服用中止を自身で決めることも避けるようにしましょう。
服用中止を自分で判断した場合には、薄毛が再発してしまう可能性があります。
薄毛対策として薬を服用する場合、服用開始と服用中止のタイミングが必要に難しいとされています。
もし、効果がないために服用中止をしたいという場合でも、医師に相談をした上で服用中止の時期を決めるようにしましょう。

耐性が出来た場合の有効な対策は一人ひとり異なりますので、勝手な判断は避けることが無難です。