ハゲ!薄毛!もうみんなの言葉に悩まされたくない…!そんなときはプロペシア!でもプロペシアって、本当に効果はあるの?副作用は怖くない?そんな悩みを一挙解決ししちゃいます!

安価にAGAを治すならフィンペシア

フィンペシアはAGAの治療薬として人気が高いプロペシアのジェネリックです。フィンペシアの有効成分はプロペシアと同様にフィナステリドです。このフィナステリドは元々前立腺肥大症や前立腺がんの治療のために開発された薬でしたが、AGAの治療にも効果があることが確認されたことから、1998年からAGAの治療薬としても使用されるようになりました。現在、世界60か国以上で使用されており、日本でも2005年に厚生労働省より正式に認可が下りています。

フィナステリドがAGAに効果がある仕組みは、AGAの原因とされる男性ホルモンのジヒドロテストステロンが生成されるのを阻害する働きがあるからです。このジヒドロテストステロンという物質は、睾丸で生成されたテストステロンが血液を通って毛乳頭細胞まで到達し、そこで2型5αリダクターゼと結合してできたものです。毛乳頭の中で生成されたジヒドロテストステロンは毛包の毛周期を短くする働きがあり、そのためきちんと毛髪が成長することができなくなって毛髪が抜け落ちてしまうのです。

フィンペシアの服用方法は食前でも食後でも構いませんので、1日1錠を服用します。その際の注意点は同じ時間に服用することです。そうすることによって、成分濃度を血中で常に安定させることができます。

あんしん通販薬局のフィンペシアとプロペシアの費用を比べると、約5分の1弱まで安くなります。プロペシアをクリニックで処方してもらった場合、1錠あたり約250円前後の費用がかかります。毎日服用することを考えると、単純計算すると1カ月で7,500円にもなってしまいます。ところが、フィンペシアの場合はその約5分の1の1ヵ月1,400円前後になります。これはジェネリックの素晴らしいところです。あんしん通販薬局では150錠入りの5か月分が約6,980円で販売されており、まとめ買いするとさらにお得になります。この程度の費用まで抑えることができれば、決して高いとは感じないことでしょう。

フィンペシアの副作用としては、性欲減退、勃起不全、精子減少、頭痛、腹痛、動悸などが報告されています。副作用の症状が深刻な場合は服用を中止し、医師と相談しましょう。また、女性や肝機能障害がある方は服用することができません。

使用上の注意点としては、効果がはっきりと現れるまで最低でも3か月以上、通常は6ヶ月程度かかります。これは毛周期がそのくらいの期間だからですが、そのため服用も根気強く続けていく必要があります。なお、1日1錠以上服用しても効果がアップすることはありませんので、安心安全のためにも用法用量はきちんと守りましょう。