ハゲ!薄毛!もうみんなの言葉に悩まされたくない…!そんなときはプロペシア!でもプロペシアって、本当に効果はあるの?副作用は怖くない?そんな悩みを一挙解決ししちゃいます!

AGAの治療は保険適用外?相場と安く抑える方法

AGAとは、男性型脱毛症のことです。
年齢を重ねるごとに、抜け毛が減っていくという男性にみられる症状で、多くの人が悩んでいます。
遺伝や体質といった、持って生まれたものもあり、自分の父親もAGAだったから仕方がないと諦めている人もいるでしょう。

しかし、AGAがなぜ起こるのかということがだんだん分かってきました。
男性ホルモンの因子が、まだ成長途中の髪の毛を抜けるように指示を出すことで、抜け毛が増え、髪の毛全体のボリュームが減ってしまうのです。

原因が分かれば、それに対する治療が行えるようになります。
AGA治療は、医療機関で受けることができますが、健康保険が適用されないので、治療費は自己負担になります。
保険治療では、かかった治療費のうちの3割の負担で受けることができますが、保険外治療の治療費は全額を自分で払う必要があります。

そのため、AGAの治療には高額な治療費がかかってしまうというイメージがあります。
確かに、風邪で内科に行くのとは異なる費用が必要になります。
保険治療は国が治療内容や材料を細かく決め、治療費も決められています。
保険外治療はその制約がないので、クリニックにより治療費は大きく変わってきます。

例えば、AGA治療でよく行われる、1ヵ月分の内用薬と外用薬の費用は2万円が目安になります。
内用薬は飲み薬のことで、プロペシアなどが使われます。
外用薬はミノキシジルなどで塗り薬が当てはまります。

ミノキシジルを直接頭皮に注射する発毛注射は、発毛注射をする範囲によりますが2万円以上の費用がかかりますし、植毛は、自家植毛などのいくつかの方法がありますが、100万円を超える費用がかかります。

AGA治療では、内用薬と外用薬に発毛注射などを組み合わせることで進めていきます。
患者さんの状態に合わせた治療が必要になります。
内用薬や外用薬で効果を感じられなければ、発毛注射や植毛へと治療は進んでいきます。

AGA治療薬はジェネリックを使うのがおすすめ

AGA治療は高額なので、諦めるというのはとてももったいないことです。
AGAは放置しても自然に治ることはありません。
進行性なので、症状はどんどん進んでいってしまいます。

そこで、安く治療できる方法を考えましょう。
実は、内用薬のプロペシアにはジェネリック医薬品が存在します。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドを含むお薬が、ジェネリック医薬品のフィンペシアとエフペシアです。

フィンペシアもエフペシアもインドの製薬会社が作っています。
開発費用が掛かってないジェネリック医薬品なので、プロペシアと同じ成分が入っているのに、安い価格で買うことができます。
男性ホルモンの抜け毛を促進する因子を抑制することができるので、AGA治療でもよく使われるお薬です。

ジェネリック医薬品を使うことで、AGAの治療費を大幅に安くすることができます。
薬の費用は1/10程度になるので経済的な負担も大幅に減少できます。
フィンペシアもエフペシアも、飲んだらすぐに抜け毛がなくなるというものではありません。
毛には生え変わりの周期があるので、最低半年は継続する必要があります。

フィンペシアとエフペシアというジェネリック医薬品を使うことで、効果が感じられるまでお薬を飲み続けることができます。
せっかく効果のあるフィンペシアやエフペシアでも、1カ月だけ服用しても効果を感じられません。

内用薬と合わせて、外用薬や発毛注射、植毛といった方法を併用することもできます。
内用薬を安価で続けることで、AGAの症状を抑えられるので、植毛をしてもより効果を実感できるでしょう。
ジェネリック医薬品を賢く利用して、AGAの症状を改善して悩みも解消していきましょう。