ハゲ!薄毛!もうみんなの言葉に悩まされたくない…!そんなときはプロペシア!でもプロペシアって、本当に効果はあるの?副作用は怖くない?そんな悩みを一挙解決ししちゃいます!

AGAは食事で予防も出来る?摂るべき食事とは

AGAには、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが影響を与えるとされています。
しかし、ジヒドロテストステロンだけがAGAを発症させ、進行させる訳ではありません。
頭皮の環境や遺伝といった要素も複雑に絡まりあう事で、AGAは発症及び進行します。

食事は、そのまま体に影響を与えます。
その為、食事から必要な栄養素を摂取出来なくなると、髪の栄養素も不足してしまうという事です。
さらに、髪を作る栄養素だけでなく、髪の成長をサポートする栄養素も同時に不足してしまいます。
これらが不足してしまうと、当然ながら発毛に良い頭皮環境をキープする事が出来ません。
そうすると薄毛の進行を促進させてしまう事に繋がるので、AGAと食事は無関係ではないと言えるでしょう。

実際に、脂っこい食事を好む方の場合、頭皮も脂っぽくなってしまいます。
これは、皮脂の分泌が過剰になる事が要因です。
過剰に分泌された皮脂は、毛穴を詰まらせてしまい、成長しようとする髪に悪影響を与えてしまいます。
これらを予防するには、脂っこい食事を出来るだけ減らす事が重要です。

脂っこい食事を減らすだけでなく、栄養バランスにも気を配るのがAGAの予防には重要です。
栄養バランスが偏った食事ばかりでは、体に負担をかけてしまいます。
そうすると、髪のツヤやハリが失われるほか、新たに生えてくる髪も弱く細いものになってしまいます。
そこで、AGA予防を考えるのであれば、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

また、栄養バランスの取れた食事の中でも、特に髪の成長に良いとされる栄養素を積極的に摂取しましょう。
髪の成長に良いとされる栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。
タンパク質は髪を作り、ビタミンは髪を丈夫に成長させてくれます。
一見すると、AGA予防にはタンパク質とビタミンだけで良いように感じるでしょう。
しかしミネラルが不足しているとAGAが進行するとされているので、ミネラルも忘れずに摂りましょう。

AGA予防をしたい人向けの食事レシピの紹介

良質なタンパク質をたっぷりと摂れるレシピとしては、鶏肉とナッツの揚げ煮が挙げられます。
鶏肉を酒につけておき、玉ねぎを半輪状にカットしたら、片栗粉をまぶします。
170度の油で鶏肉と玉ねぎを揚げ、フライパンにマヨネーズとケチャップを入れたら、揚げた鶏肉と玉ねぎにカシューナッツを加えて、煮絡めれば完成です。

鶏肉の中でもビタミン、ミネラルを豊富に含む、むね肉を使うと、よりAGA予防に効果的です。
また、このレシピではカシューナッツを使いましたが、アーモンドといった他のナッツに変えるのもオススメです。
特にアーモンドは、不足すると薄毛に繋がる亜鉛を豊富に含んでいるので、オススメのナッツです。

タンパク質とビタミンを手軽に摂取したいという方には、パワーサラダがオススメです。
パワーサラダは、およそ50gのタンパク質、全体の1/3の緑黄色野菜、フルーツを入れるという、3つのポイントを押さえたサラダの事です。
タンパク質は、大豆を使った植物性でも鶏肉やレバーのような動物性でも、どちらでも構いません。
しかし、大豆に含まれる大豆イソフラボンは、AGAを抑制すると言われているので、積極的に摂取すると良いでしょう。
大豆を含む加工食品はたくさんありますが、特に豆腐や納豆は亜鉛も含んでいるのでオススメです。

大豆だけでなく、乳製品もタンパク質としてパワーサラダに加える事が出来ます。
乳製品にはミネラルであるカルシウムが含まれており、健康的な髪を作る上で役立ちます。
また、チーズは亜鉛を含んでいるので、AGA予防に効果的です。
チーズ以外で亜鉛を摂取したい場合には、レバーやゆで卵などを取り入れると良いでしょう。

パワーサラダに使用する緑黄色野菜は、ビタミンAを豊富に含み、頭皮の乾燥予防に効果的です。
さらに、緑黄色野菜やフルーツに含まれるビタミンCは、亜鉛の吸収を良くしてくれます。
その為、緑黄色野菜とフルーツを組み合わせるパワーサラダは、AGA予防に役立ちます。
しかも緑黄色野菜は髪だけでなく、体全体の健康にも効果を発揮してくれるので、積極的に摂取しましょう。